Next: , Previous: , Up: Display   [Contents][Index]


14.18 モードラインのオプション

バッファーのパーセント表示posは、ウィンドウの上端がバッファーのどの場所にあるかを100分率で示します。M-x size-indication-modeとタイプしてSize Indicationモードをオンにすることにより、バッファーのサイズを追加で表示できます。サイズは以下のようにパーセント表示のすぐ後に表示されます:

pos of size

sizeは、バッファーの文字数を人間が理解しやすい形式(‘k’は10^3、‘M’は10^6、‘G’は10^9などの短縮形が使用されます)で表示します。

Line Numberモードが有効なとき、ポイント位置の現在の行番号はモードラインに表示されます。M-x line-number-modeコマンドを使って、Line Numberモードのオンとオフを切り替えることができます(通常はオンです)。行番号はそれが何であるかを示す文字‘L’とともに、バッファーのパーセント表示posの後ろに表示されます。

同様に、M-x column-number-modeでColumn Numberモードをオンにすることにより、現在の列番号を表示できます。列番号は文字‘C’で示されます。しかし両方のモードが有効になっているときは、行番号と列番号は‘L’や‘C’ではなく、‘(561,2)’のようにカッコつきで表示されます。マイナーモードとこれらのコマンドの使い方については、Minor Modesを参照してください。

Column Numberモードでは、列番号はそのウィンドウの左マージンより0からカウントされます。1からカウントした列番号を表示したい場合は、column-number-indicator-zero-basednilにセットしてください。

ナローイング(Narrowingを参照してください)によりバッファーを制限している場合、アクセスできる部分にもとづいた行番号が表示されます。そのため、これはgoto-lineの引数として使用するには適しません(コマンドwhat-lineはファイル全体にたいする相対行番号を表示する)。ナローされたバッファーのアクセス可能範囲に相対的な行へポイントを移動するにはgoto-line-relativeコマンドを使用できます。

バッファーが非常に大きい場合(line-number-display-limitの値より大)、速度が遅くなるのでEmacsは行番号を計算しません。そのためモードラインに行番号は表示されません。この制限を取り除くには、line-number-display-limitnilをセットします。

バッファーの行が長いときも、行番号の計算が遅くなります。この理由により、Emacsはポイントの近くの行の幅の平均文字数が、line-number-display-limit-widthより大きいときは、行番号を表示しません。デフォルト値は200文字です。

Emacsはオプションで、時刻とシステムロードを、すべてのモードラインで表示できます。この機能を有効にするには、M-x display-timeとタイプするか、オプションdisplay-time-modeをカスタマイズします。モードラインに追加される情報は以下のような形式です:

hh:mmPM l.ll

ここでhhmmは時間と分で、後ろに‘AM’と‘PM’がつきます。l.llは、過去数分間における、システム全体で実行中または実行準備ができている(例: 利用可能なプロセッサー待ち)プロセスの平均数です(オペレーティングシステムがサポートしないフィールドは表示されません)。時刻を24時間表示にしたいときは、変数display-time-24hr-formattをセットしてください。

もし未読メールがある場合、ロードレベルの後ろに‘Mail’という単語が表示されます。グラフィカルなディスプレーでは、display-time-use-mail-iconをカスタマイズすることにより、‘Mail’のかわりにアイコンを使うことができます。これによりモードラインのスペースが多少節約できます。display-time-mail-faceをカスタマイズして、メールの表示を目立たせることができます。display-time-mail-fileを使ってチェックするメールファイルを指定したり、display-time-mail-directoryで受信メールのディレクトリーを指定できます(ディレクトリー内の空でない普通のファイルは、新しい受信メールと判断されます)。

Emacsをラップトップコンピューターで実行している場合、コマンドdisplay-battery-modeを使うか、変数display-battery-modeをカスタマイズすることにより、モードラインにバッテリー充電状況を表示できます。変数battery-mode-line-formatは、バッテリーの充電状況の表示方法を決定します。モードラインに表示されるメッセージの正確さはオペレーティングシステムに依存しており、通常はバッテリーの充電トータルにたいする現在のバッテリー充電率が表示されます。

グラフィカルなディスプレーでは、モードラインは立体的に描画されます。この効果が気に入らない場合は、mode-lineフェイスをカスタマイズして、box属性にnilをセットすることにより無効にできます。Face Customizationを参照してください。

デフォルトでは、選択されていないウィンドウのモードラインは、mode-line-inactiveと呼ばれる、別のフェイスで表示されます。選択されたウィンドウのモードラインだけが、mode-lineフェイスで表示されます。これにより、どのウィンドウが選択されているかがわかりやすくなります。モードラインがないミニバッファーが選択されているときは、ミニバッファーをアクティブにしたウィンドウのモードラインが、mode-lineで表示されます。結果として通常のミニバッファーの使用では、モードラインは変化しません。

変数mode-line-in-non-selected-windowsnilにセットすることにより、mode-line-inactiveの使用を無効にできます。これによりすべてのモードラインが、mode-lineフェイスで表示されます。

モードラインに表示される改行フォーマットは、変数eol-mnemonic-unixeol-mnemonic-doseol-mnemonic-mac、およびeol-mnemonic-undecidedをセットすることにより、カスタマイズできます。

This page has generated for branch:work/add_lispintr, commit:59979a368cafa8126fa5b3b6b118de8020a831b4 to check Japanese translation.