Next: , Previous: , Up: Programs   [Contents][Index]


26.4 カッコに付随する編集のためのコマンド

このセクションでは、プログラム内のカッコ構造を活用したり、それらを対応が取れた状態に保つためのコマンドと機能について説明します。

これらの機能を語るとき、用語“カッコ(parenthesis)”には、大カッコ(braces)、角カッコ(brackets)、またはマッチするペアとして定義される区切りも含まれます。メジャーモードはどの区切りに意味があるかを、構文テーブル(syntax table)を通じて制御します(Syntax Tables in The Emacs Lisp Reference Manualを参照してください)。Lispでは丸カッコ(parentheses)だけが考慮され、Cではこれらのコマンドは大カッコや角カッコにも適用されます。

M-x check-parensを使用して、バッファー内の対応の取れていないカッコと、対応が取れていない文字列のクォートを検索することができます。

This page has generated for branch:emacs-28.2-17, commit:96698f38dae08bf6201750c8def59088bec6b172 to check Japanese translation.