Next: , Previous: , Up: Windows   [Contents][Index]


20.4 他のウィンドウでの表示

C-x 4は、異なるウィンドウ(他の既存のウィンドウや、選択されたウィンドウを分割することにより新たに作成されたウィンドウ)のバッファーに切り替える、さまざまなコマンドのプレフィクスキーです。Emacsがウィンドウを選択または作成する方法については、Window Choiceを参照してください。

C-x 4 b bufname RET

他のウィンドウのバッファーbufnameを選択します(switch-to-buffer-other-window)。Select Bufferを参照してください。

C-x 4 C-o bufname RET

バッファーbufnameを選択せずに、別のウィンドウに表示します(display-buffer)。ウィンドウが選択される方法についての詳細は、Displaying Buffersを参照してください。

C-x 4 f filename RET

ファイルfilenameをvisitして、他のウィンドウでバッファーを選択します(find-file-other-window). Visitingを参照してください。

C-x 4 d directory RET

directoryのDiredバッファーを、別のウィンドウで選択します(dired-other-window)。Diredを参照してください。

C-x 4 m

C-x m (Sending Mailを参照してください)と同様に、メールメッセージの編集を開始しますが、別のウィンドウで行います(compose-mail-other-window)。

C-x 4 .

M-. (Xrefを参照してください)と同様に、識別子の定義を検索しますが、別のウィンドウで行います(xref-find-definitions-other-window)。

C-x 4 r filename RET

ファイルfilenameを読み取り専用でvisitして、別のウィンドウでバッファーを選択します(find-file-read-only-other-window)。Visitingを参照してください。

C-x 4 4

このプレフィックスコマンドが呼び出した次コマンドが表示するバッファーに効果を及ぼす、より一般的なプレフィックスコマンドです。これは別ウィンドウに表示する次コマンドのバッファーを要求します。

C-x 4 1

これは同一ウィンドウに表示する次コマンドのバッファーを要求する一般的なコマンドです。

This page has generated for branch:emacs-28.2-17, commit:96698f38dae08bf6201750c8def59088bec6b172 to check Japanese translation.