Next: , Previous: , Up: Customizing VC   [Contents][Index]


28.1.13.2 RCSとSCCSにたいするオプション

デフォルトでは、複数ユーザーの活動を調停するためにRCSはロックを使用しますが、最初にファイルをロックしなくても変更をチェックインできる、厳密でないロック(non-strict locking)と呼ばれるモードもあります。特定のファイルにたいして厳密でないロックに切り替えるには、‘rcs -U’を使用します。詳細については、rcsのman-pageを参照してください。

RCSファイルのバージョンコントロール状態を推論するとき、VCは最初にそのファイルのRCSバージョンヘッダー文字列を調べます(Version Headersを参照してください)。ヘッダー文字列がない場合、VCは通常、作業ファイルのパーミッションを調べます。これは速い処理です。ファイルのパーミッションが信頼できない状況もあるかもしれません。そのような場合はマスターファイルが調べられます。これはより高価な処理です。マスターファイルから判るのは、もしそのファイルにたいして何らかのロックがある場合、作業ファイルが実際にロックされたバージョンを含むかどうか、だけです。

vc-consult-headersnilにセットすることにより、VCがファイル状態を決定するのにバージョンヘッダーを使用しないように指定できます。その場合、VCは常に、(それが信用できると思われる場合は)ファイルのパーミッションを使うか、マスターファイルをチェックします。

VCがSCCSの配下にあるファイルのバージョンコントロール状態を決定する方法は、RCSとほぼ同じです。しかしSCCSのバージョンヘッダーは考慮しません。したがって、vc-consult-headersはSCCSの使用に影響しません。

This page has generated for branch:work/add_lispintr, commit:59979a368cafa8126fa5b3b6b118de8020a831b4 to check Japanese translation.