Next: , Previous: , Up: Frames   [Contents][Index]


21.19 ツールチップ

ツールチップは、小さい特別なフレームに、マウスのカレント位置に関するテキスト情報を表示します。ツールチップはウィンドウの重要なテキストの上や、ツールバーのボタンやメニューアイテムのような、Emacsフレームの他の部分の上でマウスを停止させたときにアクティブになります。

ツールチップの使用は、コマンドM-x tooltip-modeで切り替えることができます。Tooltipモードが無効な場合、ヘルプテキストは、かわりにエコーエリアに表示されます。ツールチップの使用を起動時に制御するには、変数tooltip-modeをカスタマイズしてください。

以下の変数はツールチップ表示にたいするカスタマイズオプションを提供します:

tooltip-delay

この変数は、最初のツールチップを表示する前に、Emacsがwaitする長さを指定します。値は秒です。

tooltip-short-delay

この変数は、すでに最初のツールチップが表示されているとき、異なるアイテムにたいする後続のツールチップを表示する前に、Emacsがwaitする長さを指定します。値は秒です。

tooltip-hide-delay

マウスが静止しているとき、ツールチップを隠すまでの秒数です。

tooltip-x-offset
tooltip-y-offset

マウスポインター位置から、ツールチップの左上隅までのXオフセットとYオフセットを、ピクセルで指定します。tooltip-frame-parametersが、leftおよびtopパラメーターをインクルードするためにカスタマイズされている場合、これらは無視されることに注意してください。オフセットには、ツールチップがマウスのクリックと干渉するような、マウスポインターのホットスポットを覆い隠さない値を指定するべきです。

tooltip-frame-parameters

ツールチップの表示のために、フレームパラメーターが使用されます。Frame Parameters in The Emacs Lisp Reference Manual、およびTooltips in The Emacs Lisp Reference Manualを参照してください。

ツールチップの表示にたいする追加のカスタマイズオプションについては、M-x customize-group RET tooltip RETを使用してください。

EmacsがGTK+サポートつきでビルドされている場合、ツールチップはGTK+を通じて、GTK+のツールチップのデフォルトの外見を使います。これを無効にするには、変数x-gtk-use-system-tooltipsnilに変更します。これを行うか、EmacsがGTK+サポートなしでビルドされた場合は、ツールチップテキストのほとんどの属性はtooltipフェイスとXリソース(X Resourcesを参照してください)により指定されます。

GUDツールチップは、プログラムをGUDでデバッグしているときに変数の値を表示する、特別なツールチップです。Debugger Operationを参照してください。

This page has generated for branch:work/add_lispintr, commit:59979a368cafa8126fa5b3b6b118de8020a831b4 to check Japanese translation.