Next: , Up: VC Directory Mode   [Contents][Index]


28.1.10.1 VC Directoryバッファー

VC Directoryバッファーは、バージョンコントロールされたファイルと、それらのバージョンコントロール状態を含みます。これは、(C-x v dを呼び出すことにより指定される)カレントディレクトリーの、注目すべき状態のファイルとサブディレクトリーをだけリストします。最新のファイル(リポジトリーのものと同じ)は省略されます。サブディレクトリーのファイルがすべて最新の場合、そのサブディレクトリーもリストされません。例外として、VCコマンドの直接の結果として最新になったファイルはリストされます。

以下はVC Directoryバッファーのリストの例です:

                     ./
    edited           configure.ac
*   added            README
    unregistered     temp.txt
                     src/
*   edited           src/main.c

2つの作業ファイル、カレントディレクトリーのconfigure.acと、サブディレクトリーsrc/main.cは、変更されていますがコミットされていません。READMEという名前のファイルは追加されましたが、まだコミットされていません。そしてtemp.txtはバージョンコントロールの配下にありません(Registeringを参照してください)。

エントリーREADMEおよびsrc/main.cの隣の‘*’という文字は、ユーザーがそれらのファイルをカレントVCファイルセットとしてマークしたことを示します (VC Directory Commandsを参照してください)。

上記は、Bazaar、Git、Mercurialのような分散型のバージョンコントロールシステムでの典型的な例です。他のシステムでは、他の状態も見られます。たとえばCVSは、リポジトリーが変更されていて、それがまだ作業ファイルに適用されていないときは、‘needs-update’という状態を表示します。RCSとSCCSは、ロックされているファイルの状態に、ロックしているユーザーの名前を表示します。

CVSでは通常、vc-dirコマンドは更新のチェックのために、おそらくはリモートマシン上にあるであろうリポジトリーにアクセスします。変数vc-cvs-stay-localnil (CVS Optionsを参照)に変更すると、EmacsはVC Directoryバッファーが生成されるときのリモートのリポジトリーへのアクセスを避けます(コミットを行うときなど、必要なときはアクセスします)。これは、オフラインで作業していたり、ネットワークが遅いときは望ましいでしょう。

VC Directoryバッファーは、変数vc-directory-exclusion-listにリストされているサブディレクトリーを省略します。この変数のデフォルト値には、バージョンコントロールシステムにより内部的に使用されるディレクトリーが含まれています。

This page has generated for branch:work/add_lispintr, commit:59979a368cafa8126fa5b3b6b118de8020a831b4 to check Japanese translation.