Next: , Previous: , Up: Text Based Tables   [Contents][Index]


25.15.5 セルの位置調整

コマンドM-x table-justifyは、テキストベーステーブルの1つ以上のセルにたいして、位置調整(justification)を行います。位置調整は、セルのテキストがセルの外枠にたいして、どのように位置合わせされるかを決定します。テーブルの各セルは個別に位置調整できます。

M-x table-justifyは、最初に何の位置調整をするかの入力を求めます。オプションは‘cell’(カレントセルのみ)、‘column’(テーブルのカレント列のすべてのセル)、‘row’ (テーブルのカレント行のすべてのセル)です。その後、コマンドは位置調整のスタイルの入力を求めます。オプションはleftcenterrighttopmiddlebottom、またはnone(垂直方向の位置調整を行わないことを意味します)です。

水平および垂直方向の位置調整スタイルは独立して指定され、2つのタイプは同時に適用できます。たとえばM-x table-justifyを2回呼び出して、1回目は位置調整にrightを指定して、2回目は位置調整にbottomを指定することにより、セルの内容を右下に位置調整することができます。

位置調整スタイルは、テキストプロパティーとしてバッファーに格納され、バッファーをkillするかEmacsを終了すると失われます。M-x table-recognize(Table Recognitionを参照してください)のようなテーブルの認識コマンドは、セルの内容を確認して各セルの位置調整スタイルの決定と再適用を試みます。この機能を無効にするには、変数table-detect-cell-alignmentnilに変更してください。

This page has generated for branch:work/add_lispintr, commit:59979a368cafa8126fa5b3b6b118de8020a831b4 to check Japanese translation.