Next: , Previous: , Up: Text   [Contents][Index]


25.15 テキストベーステーブルの編集

tableパッケージは、テキストベースのテーブルを簡単に編集するコマンドを提供します。以下は、そのようなテーブルがどのように見えるかの例です:

+-----------------+--------------------------------+-----------------+
|     Command     |          Description           |   Key Binding   |
+-----------------+--------------------------------+-----------------+
|  forward-char   |Move point right N characters   |       C-f       |
|                 |(left if N is negative).        |                 |
|                 |                                |                 |
+-----------------+--------------------------------+-----------------+
|  backward-char  |Move point left N characters    |       C-b       |
|                 |(right if N is negative).       |                 |
|                 |                                |                 |
+-----------------+--------------------------------+-----------------+

このようなテキストがテーブルだとEmacsが認識した場合(Table Recognitionを参照してください)、テーブルのセル内容を編集すると、内容が大きくなってセルに収まらなくなったときは、テーブルのセルを自動的にサイズ変更します。以下のセクションで説明されている、テーブルのレイアウトを操作したり編集するコマンドを使用することができます。

M-x table-fixed-width-modeとタイプすることにより、自動的なテーブルのサイズ変更を切り替えることができます。

This page has generated for branch:work/add_lispintr, commit:59979a368cafa8126fa5b3b6b118de8020a831b4 to check Japanese translation.