Next: , Up: Enriched Text   [Contents][Index]


25.14.1 Enrichedモード

Enrichedモードは、バッファーローカルなマイナーモードです(Minor Modesを参照してください)。‘text/enriched’フォーマットで保存されたファイルをvisitすると、Emacsは自動的にEnrichedモードを有効にし、ファイル内のフォーマット情報をバッファーのテキストに適用します。Enrichedモードが有効なときにバッファーを保存すると、ファイルはフォーマット情報を含む‘text/enriched’フォーマットで保存されます。

フォーマットされたテキストで新しいファイルを作成するには、存在しないファイルをvisitしてM-x enriched-modeとタイプします。このコマンドは実際にEnrichedモードを切り替えます。プレフィクス引数を指定した場合、引数が正のときはEnrichedモードを有効にし、それ以外はEnrichedモードを無効にします。Enrichedモードを無効にすると、Emacsは‘text/enriched’フォーマットでバッファーを保存しなくなります。バッファーに追加されたフォーマットプロパティーはバッファーに残りますが、ディスクには保存されません。

Enrichedモードは、すべてのEmacsのテキストプロパティーを保存しません。変数enriched-translationsに指定されたものだけを保存します。これにはフォント、カラー、インデント、行端揃えのプロパティーが含まれます。

ファイルをvisitしたとき、ファイルが‘text/enriched’フォーマットだとEmacsが認識できなかった場合は、M-x format-decode-bufferとタイプします。このコマンドはファイルフォーマットの入力を求め、そのフォーマットでファイルを再読み込みします。‘text/enriched’フォーマットを指定することにより、自動的にEnrichedモードが有効になります。

text/enriched’ファイルをraw形式(フォーマットされたテキストではなく、マークアップタグを伴う通常テキスト)として閲覧するには、M-x find-file-literallyを使用します(Visitingを参照してください)。

Emacsが‘text/enriched’のようなファイルフォーマットを認識・変換する方法については、Format Conversion in the Emacs Lisp Reference Manualを参照してください。テキストプロパティーについての詳細は、Text Properties in the Emacs Lisp Reference Manualを参照してください。

This page has generated for branch:work/add_lispintr, commit:59979a368cafa8126fa5b3b6b118de8020a831b4 to check Japanese translation.