Next: , Previous: , Up: Enriched Text   [Contents][Index]


25.14.2 ハード改行とソフト改行

Enrichedモードでは、Emacsは2つの異なる改行、ハード改行とソフト改行を区別します。M-x use-hard-newlinesとタイプすることにより、他のバッファーにたいしてこの機能を有効または無効にできます。

ハード改行は、パラグラフを分割したりテキストがフィルされる方法に関らず行区切りが必要な場所で使用され、ソフト改行はフィルで使用されます。RET (newline)およびC-o (open-line)コマンドはハード改行を挿入します。Auto Fill(Auto Fillを参照してください)を含むフィルコマンドは、ソフト改行だけを挿入し、削除もソフト改行だけでハード改行は削除せずに残します。

したがってEnrichedモードで編集するときは、フィルされたパラグラフの途中で行を分けるのにRETC-oを使うべきではありません。かわりにAuto Fillモード、または明示的なフィルコマンド(Fill Commandsを参照してください)を使用します。テーブルやリストのように、行区切りを常に残したい場所でRETC-oを使用します。そのような行では、行端揃えスタイル(justification style)もunfilledにしたいと思うかもしれません(Enriched Justificationを参照してください)。

This page has generated for branch:emacs-28.2-17, commit:96698f38dae08bf6201750c8def59088bec6b172 to check Japanese translation.