Previous: , Up: メールの送信   [Contents][Index]


34.7 メール作成方法

In this chapter we have described the usual Emacs mode for editing and sending mail—Message mode. This is only one of several available modes. Prior to Emacs 23.2, the default mode was Mail mode, which is similar to Message mode in many respects but is less feature-rich; for example, it supports only basic MIME: it allows you to add attachments, but lacks more sophisticated MIME features. Another available mode is MH-E (see MH-E in The Emacs Interface to MH).

これらのメールユーザーエージェント(mail user agents)から、メールを編集したり送信するための、好みの方法を選択できます。コマンドC-x mC-x 4 mC-x 5 mは指定されたエージェントを使用するので、Emacsでメールを送信する他の様々な部分(たとえばバグレポーターなど、バグの報告を参照してください)もこれを行ないます。メールユーザーエージェントを指定するには、変数mail-user-agentをカスタマイズします。現在のところ、正式な値にはmessage-user-agent(Messageモード)、sendmail-user-agent(Mailモード)、gnus-user-agentmh-e-user-agentが含まれます。更に追加のオプションが利用できるかもしれません。詳細についてはあなたのメールユーザーエージェントのマニュアルを確認してください。define-mail-user-agentを使用すれば他のメールユーザーエージェントを定義することもできます。

他のメール作成方法を選択した場合、メールバッファーとMessageモードに関するこのチャプターの情報は適用できません。他の方法は違うバッファーで異なるフォーマットのテキストを使用し、コマンドも異なります。

同様に、メールを読むための好みの方法を指定するには、変数read-mail-commandをカスタマイズします。デフォルトはrmailです(Rmailでメールを読むを参照してください)。

This page has generated for branch:emacs-30, commit:ad27b2a96fb67e5e4e6ccb406175feb9e2cfa5a1 to check Japanese translation.