Next: , Previous: , Up: Top   [Contents][Index]


Appendix G EmacsとMicrosoft Windows/MS-DOS

このセクションでは、Microsoft WindowsでEmacsを使用する際の特性を説明します。これらの特性の中には、Microsoft’sの古いMS-DOSオペレーティングシステムに関連するものもあります。しかしMS-DOSだけに関連するEmacs機能については、別の セクション(MS-DOSを参照してください)で説明します。

フリーなオペレーティングシステムのため、MS-Windowsはすべてのコンピューターユーザーが享受すべき自由を、ユーザーに与えません。これは不当です。あなたの自由のために、わたしたちはフリーなオペレーティングシステムへの切り替えを強く推奨します。

わたしたちは、商業オペレーティングシステム上のGNU Emacsをサポートします。なぜならそれは、この自由の経験が、商業オペレーティングシステムから脱却するよう、ユーザーを奮起するだろうからです。

MS-WindowsでのEmacsの振る舞いは、ロングファイル名のサポート、複数フレーム、スクロールバー、マウスメニュー、サブプロセスを含めて、このマニュアルの他の部分でドキュメントされているのと、だいたい同じです。しかし多くはありませんが、特別に考慮すべきこともあるので、それらについてはここで説明します。

This page has generated for branch:work/add_lispintr, commit:59979a368cafa8126fa5b3b6b118de8020a831b4 to check Japanese translation.