Next: , Previous: , Up: Buffers   [Contents][Index]


19.3 その他のバッファー操作

C-x C-q

バッファーの読み取り専用の状態を切り替えます(read-only-mode)。

C-x x r RET buffer RET

カレントバッファーの名前を変更します。

C-x x u

カレントバッファーの末尾に‘<number>’を加えてリネームします。

M-x view-buffer RET buffer RET

バッファーbufferをスクロールして閲覧します。View Modeを参照してください。

バッファーを読み取り専用にすることができます、これはバッファーのテキストにたいして挿入や削除を行うコマンドが許されないことを意味します(とはいえ、他のC-x RET fのようなコマンドは、バッファーを変更済みとマークすることは可能。Text Codingを参照されたい)。読み取り専用バッファーのモードラインでは、左余白の近くに‘%%’または‘%*’が表示されます。Mode Lineを参照してください。読み取り専用バッファーは通常、DiredやRmailのように、そのバッファーのテキストを操作する専用コマンドをもつ、サブシステムにより作成されます。アクセスが制御されているファイルをvisitしたときも、そのバッファーに書き込めない旨が通知されます。

コマンドC-x C-q (read-only-mode)は、読み取り専用バッファーを書き込み可能に、書き込み可能なバッファーを読み取り専用にします。これは各バッファーにローカルな変数buffer-read-onlyをセットすることにより機能します(値が非nilのときバッファーは読み取り専用)。オプションview-read-onlyを非nil値に変更すると、C-x C-qでバッファーを読み取り専用にしたとき、そのバッファーでViewモードが有効になります(View Modeを参照してください)。

C-x x r (rename-buffer)はカレントバッファーの名前をリネームします。新しい名前はミニバッファーで指定します。デフォルトはありません。他のバッファーで使用済の名前を指定するとエラーとなり、リネームされません。

C-x x u (rename-uniquely)はカレントバッファーの後に数字を追加して、似てはいるが異なる名前を作成します。このコマンドに引数は必要ありません。これは複数のshellバッファーを作成するのに便利です。*shell*バッファーをリネームしてから再度M-x shellを行うと、これは新しく*shell*という名前のバッファーを作成します。一方リネームされた古いshellバッファーは新しい名前で実行を続けます。この方法はmailバッファー、compilationバッファー、そして特定の名前で特別なバッファーを作成するEmacs機能に適しています(これらの機能のいくつか、たとえばM-x compileM-x grepなどではコマンドを再度実行する前に他のバッファーに切り替える必要がある。さもないとカレントバッファーの名前を変更せずに、そのバッファーを再使用する)。

コマンドM-x append-to-bufferC-x x i (insert-buffer)も、あるバッファーから他のバッファーへテキストをコピーするのに使用できます。Accumulating Textを参照してください。

This page has generated for branch:work/add_lispintr, commit:59979a368cafa8126fa5b3b6b118de8020a831b4 to check Japanese translation.