Next: , Previous: , Up: 人間の言語のためのコマンド   [Contents][Index]


26.9 Outlineモード

OutlineモードはTextモードから派生したメジャーモードで、アウトライン(outline: 概略、概要、要綱)を編集するために特化したモードです。このモードはアウトライン構造のエントリー間を操作したり、バッファーの一部を一時的に非表示にするコマンドを提供するので、アウトライン構造をより簡単に閲覧することができるでしょう。M-x outline-modeとタイプすることにより、Outlineモードに切り替わります。Outlineモードに入ることにより、フックtext-mode-hook、およびそれに続けてフックoutline-mode-hookが実行されます(フックを参照してください)。

Outlineモードで行を非表示にするコマンド(アウトライン表示コマンドを参照してください)を使用した場合、それらの行は画面に表示されなくなります。非表示行の前にある表示された行の後ろには省略記号(3つのピリオド)が表示され、そこに隠れたテキストがあることを示します。連続する複数の行を非表示にした場合も、省略記号は1つだけです。

C-nC-pのような、複数の行にたいして操作を行う編集コマンドは、非表示の行のテキストを、その前にある表示された行の一部として扱います。表示された行の最後にある省略記号をkillすると、省略記号に対応する後続のすべての非表示テキストを実際にkillします。

This page has generated for branch:emacs-29, commit:681d0767a7e8ce33e036be651535b3d1dc216a8d to check Japanese translation.