Next: , Previous: , Up: 人間の言語のためのコマンド   [Contents][Index]


26.8 Textモード

Textモードは、人間の言語のテキストファイルを編集するためのメジャーモードです。.txtという拡張子で終わる名前のファイルは、通常はTextモードで開かれます。明示的にTextモードに切り替えるには、M-x text-modeとタイプしてください。

Textモードでは、改行とページ区切りだけがパラグラフを分割します。結果として、パラグラフはインデントすることができ、適応型フィルはパラグラフをフィルするときに、どのインデントが使用されているか決定します。適応型フィルを参照してください。

TextモードではTAB (indent-for-tab-command)コマンドは通常、カレント行をインデントするかわりに、次のタブストップまで空白文字を挿入します。詳細については、インデントを参照してください。

Textモードは、明示的にそれらを呼び出した場合をのぞき、コメントに間する機能をオフに切り替えます。これは構文テーブル(syntax table)を変更するので、アポストロフィーは単語の一部と判断されます(たとえば‘don't’は1つの単語と判断されます))。しかし単語がアポストロフィーで開始される場合、それは先頭の文字を大文字にするためのプレフィクスとして扱われます(たとえばM-cにより、‘'hello'’は‘'Hello'’に変換されます)。

パラグラフの最初の行をインデントしている場合は、TextモードではなくParagraph-Indent Textモード(M-x paragraph-indent-text-mode)を使用するべきでしょう。このモーででは、パラグラフの間に空行を入れる必要はありません。最初の行のインデントだけでパラグラフの開始を判断するのに充分だからです。しかしパラグラフのすべての行がインデントされている場合は、サポートされません。メジャーモードを変更したくないとき(たとえばメール作成時など)は、M-x paragraph-indent-minor-modeを使って、等価なマイナーモードを有効にしてください。

Textモードでは、M-TABispell-complete-wordにバインドされます。このコマンドはバッファーのポイントの前にある単語を、スペル辞書を使用して補完します。スペルのチェックと訂正を参照してください。ウィンドウマネージャーがM-TABをウィンドウの切り替えに定義している場合は、かわりにESC TABまたはC-M-iとタイプすることができます。

Textモードに入ると、モードフックtext-mode-hookが実行されます(メジャーモードを参照してください)。

以下のセクションでは、Textモードから派生したいくつかのメジャーモードを説明します。派生したモードは、上記で説明したTextモードのほとんどの機能を継承します。とくに、Textモードから派生したモードは、それら自身のモードフックの前に、text-mode-hookを実行します。

This page has generated for branch:emacs-29, commit:681d0767a7e8ce33e036be651535b3d1dc216a8d to check Japanese translation.