Previous: , Up: Frames   [Contents][Index]


21.22 テキスト端末でのマウスの使用

端末ウィンドウでのマウスクリックをサポートするテキスト端末がいくつかあります。

xtermと互換性のある端末エミュレーターでは、M-x xterm-mouse-modeを使って、Emacsに簡単なマウスの使用 — 基本的には修飾なしのシングルクリックだけがサポートされます — を制御させることができます。より新しいバージョンのxtermは、マウストラッキングもサポートします。そのようなクリックにたいする通常のxtermのマウス機能は、マウスボタンを押すときにSHIFTキーを押すことにより、利用できます。Xterm Mouseモードはグローバルマイナーモードです(Minor Modesを参照してください)。コマンドを繰り返すと、このモードを再びオフにします。

GNU/Linuxのコンソールでは、M-x gpm-mouse-modeを使ってマウスサポートを有効にできます。これが機能するためにはgpmサーバーがインストールされていて、システムで実行されていなければなりません。このモードが有効な場合、EmacsとGPMを使用する他のプログラムとの間で、マウスによるテキスト転送ができないことに注意してください。これはGPMとLinux kernelによる制限です。

MS-DOSでのマウスサポートに関する情報は、MS-DOS Mouseを参照してください 。

This page has generated for branch:work/add_lispintr, commit:59979a368cafa8126fa5b3b6b118de8020a831b4 to check Japanese translation.