Next: , Previous: , Up: Bugs   [Contents][Index]


52.3 バグレポートの理解

バグがあると判断したときは、それを報告すること、そして有用な方法で報告することが重要です。もっとも有用なのは、Emacsを起動するシェルコマンドから、問題が発生するまでに、何のコマンドをタイプしたかの正確な記述です。

バグレポートのもっとも重要な原理は、事実を報告することです。仮定や口頭の説明は、詳細な生データの代替にはなりません。事実の報告は簡単ですが、多くの人は事実のかわりに仮定の説明をしようと懸命に努め、それを報告するのです。その説明がEmacsが実装されている方法にたいする仮定にもとづく場合、それらは使い道がありません。その一方で事実の欠落により、わたしたちはバグについての実際の情報を得られないでしょう。実際に問題をデバッグして、推定を超える説明を報告したい場合、それは有用です — しかし、どうか生の事実も同様に含めてください。

たとえば、C-x C-f /glorp/baz.ugh RETとタイプして、ファイルをvisitしたとき、そのファイルが偶然大きい(とあなたは知っている)ファイルで、Emacsが‘I feel pretty today’と表示したとします。バグレポートにはすべての情報が必要になります。あなたは問題がファイルのサイズにあると仮定して、“大きなファイルをvisitしたら、Emacsが‘I feel pretty today’と表示します”、などと報告すべきではありません。これはわたしたちが“推測説明(guessing explanations)”と呼ぶものです。ファイル名に‘z’があるという事実が、問題の原因かもしれません。もしそうなら、あなたの報告を受け取ったとき、わたしたちは大きなファイルで問題の再現を試み、それらのファイル名にはおそらく‘z’が含まれておらず、問題を確認できないでしょう。名前に‘z’が含まれるファイルをvisitしてみるべきだと、推測できる方法はありません。

C-x C-fのではなく、“ファイルをvisit”とさえ言うべきではありません。同様にテキストを入力する方法では、“その行に3文字あるとき”ではなく、“RET A B C RET C-pとタイプした後”と書いてください。

可能なら、すぐにバグを再現するためにemacs -Q(Emacsは初期のカスタマイズなしで開始されます。Initial Optionsを参照してください)でEmacsを呼び出して、バグを発生させるステップを繰り返してみてください。この方法でバグを再現できたら、あなたの個人的なカスタマイズをバグから除外できます。バグレポートは、Emacsをemacs -Qで開始したことから始まり、バグを再現させる正確な一連のステップを続けるべきです。可能ならバグを再現するのに必要な、正確なファイル内容を報告してください。

emacs -Qでは再現できないバグもいくつかあります。結局は再現するのが難しいバグもあります。そのような場合、何を行なったかを報告すべきです — が、前述したように、どうか最初にバグを発生させた生の事実を固持してください。

報告したい複数の問題がある場合は、どうかそれらを個別のバグとしてそれぞれ報告してください。

This page has generated for branch:emacs-28.2-17, commit:96698f38dae08bf6201750c8def59088bec6b172 to check Japanese translation.