Next: , Previous: , Up: Frames   [Contents][Index]


21.16 ツールバー

グラフィカルなディスプレーでは、Emacsはフレームのトップ、メニューバーの直下にツールバー(tool bar)を配します。これはマウスでクリックすることにより、さまざまなコマンドを呼び出すことができるアイコンが1列に並んだものです。

(デフォルトの)グローバルツールバーは、一般的なコマンドを含みます。自身のツールバーを定義するメジャーモードもいくつか存在します。バッファーがそれらのメジャーモードの場合、モードのツールバーにより、グローバルツールバーが置き換えられます。

ツールバーの使用を切り替えるには、M-x tool-bar-modeとタイプします。このコマンドは、まだ作成されていないフレームを含むすべてのフレームに適用されます。起動時にツールバーの使用を制御するには、変数tool-bar-modeをカスタマイズします。

EmacsがGTK+サポートつきでコンパイルされている場合、ツールバーアイテムには、イメージ、テキストラベル、またはそれら両方を含むことができます。デフォルトではEmacsはGnomeデスクトップの、ツールバースタイルセッティングにしたがいます。もし何も定義されていない場合、ツールバーのアイテムにはイメージだけが表示されます。特定のツールバースタイルを強要するには、変数tool-bar-styleをカスタマイズしてください。

フレームパラメーターtool-bar-positionで、GTK+ツールバーのためのツールバーの配置を制御することもできます。Frame Parameters in The Emacs Lisp Reference Manualを参照してください。

NSビルドはツールバーをウィンドウ装飾と判断するため、ウィンドウが装飾されていないときはツールバーを表示しません。Frame Parameters in The Emacs Lisp Reference Manualを参照してください。macOSでは、フレームがフルスクリーンのときツールバーは表示されませんが、スクリーン上端にマウスポインターを移動することにより表示することができます。

This page has generated for branch:work/add_lispintr, commit:59979a368cafa8126fa5b3b6b118de8020a831b4 to check Japanese translation.